スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

開花です  (5月19日)

CIMG0034.jpg
玄関の月下美人静かに開きました。今年はたくさんの花が準備してます。
スポンサーサイト
[ 2012/05/19 20:46 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

運輸業界紙にて紹介(1月12日物流ニッポン)

記事
物流ニッポンにて1月12日掲載紹介いただきました。
2012年も運輸関係事業所の事故防止のためこれまでの経験を
踏まえて活動を行ってまいります。
[ 2012/03/07 22:45 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

安全運転のポイント  23年2月28日(雨)

2 国内自動車メーカー販売の自家用乗用車の
 ブレーキについて
 (1) ブレーキの簡単な機構(構造)
   ブレーキは、ドライバーが運転席にあるブレーキペダルを
  踏み込んで作動します。
   ペダルの先には、マスターシリンダーがありこれがブレーキ
  液を押出します。正確には圧縮します。この圧力がブレーキ液
  の配管中を伝わり、車輪の軸にあるブレーキ装置、ディスクパ
  ット又はブレーキシューを作動させます。
   ブレーキの強弱は、ブレーキ液の圧力の強弱です。ですから
  危険な場合には、素早く強く踏込むことが必要です。
 (2) タイヤの特性
   ハンドルを回すとタイヤの向きが変わり、車の進行方向が変え
  られます。これは、タイヤが回転してるからです。強くブレーキ
  を踏みタイヤの回転を止めると、タイヤの方向性が無くなり車の
  進行方向が、慣性力の方向になります。つまりドライバーのコ
  ントロールができなくなります。
 (3) 安全なブレーキ装置
   現在販売されてる乗用車には、ブレーキ装置に色々な装置が
  付加されてます。でもこれらの装置は、すべてブレーキ液圧力
  を安全のためにどうコントロールするかです。
   危険のためドライバーが強く踏込んだ圧力を断続させる作動
  であるABS、ドライバーの踏込みが足りない時の加圧作動の
  ブレーキアシスト装置、路面の状況が異なるための4輪其々が
  最適な制動状態になるようにコントロールするEBD装置、コ
  -ナーで滑り出した場合に、車両の制御をするVSC(メーカ
  ーにより呼称は異なる)装置等があります。
   これらの装置は、個別に作動するのでなく電子制御により、
  総合的に最適な状態となるよう、エンジン出力・タイヤの回転
  状態・路面の状態・車両の姿勢・ドライバーの踏込み量等を総
  合的に読取り、いかに安全になるかと制御されております。

安全な車両が販売されておりますが、これらの装置が事故防止にな
る装置であることは間違いありません。しかし、魔法の装置ではあ
りません。速度差では数キロです。10キロも速い速度でカーブを
通過できるなどということはありません。
安全に運転してる中で、路面が少し滑りやすかった。こんな時一瞬
作動して、「助かった」こんな装置です。
危険を先読みし、速度を抑え安全運転を心がけてください。
この項終わり               
[ 2011/02/28 09:59 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

平成23年の活動

新年あけましておめでとうございます。
日本列島年末から元日にかけ、日本海側では大変な天候となり、
多くの地域で被害が発生してしまいました。多くの報道で大変な
状況を目の当たりにし、1日も早い復旧をお祈りいたします。
また、年末には、重大な交通事故の報道がありました。交通事故には
誰もが注意しているのですが、発生しております。
車の運転が、日常生活の中で特別なことでなくなってます。特に
生活区域内での運転は、日常生活なのです。そこに事故の危険をあまり
意識しなくなっているのです。
交通事故は、8割が自宅の近くで発生してます。道路に一歩踏み出せば
そこは、いつでも事故現場になります。
今年も安全運転を心がけましょう。皆様によい年でありますようお祈り
いたします。
               交通安全企画オフィス 卜部泰和
[ 2011/01/09 11:02 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

自己紹介

交通事故防止は、現代社会での人間のあらゆる活動において避けて通れない問題
ではないでしょうか。

特に企業活動において、業務に関して交通事故を発生させてしまうと、
社運を左右する事態になりかねない問題であります。

交通事故はその代償があまりにも大きく、経済状態が縮小傾向のこの時代、
その防止対策は怠ることはできないものであります。

そこで、事業所において交通事故防止講習会の開催をおすすめいたします。

交通警察の事件・事故の現場に長年携わったノウハウを生かし、
現場からの目線で交通事故防止を考えます。

形だけの講習会でなく「事故現場から生まれた」実のある講習会を実施しています。

=========================================================================
略歴

卜部泰和(うらべ ひろかず)

昭和39年 埼玉県警察官拝命
        交通機動隊・高速隊隊員の指導養成担当
        警察本部ひき逃げ捜査担当
        小川・深谷・本庄各警察署の交通課長を歴任
平成16年 退職
平成16年 埼玉県トラック協会 トラック総合教育センター指導員
平成22年 同退職
平成22年 交通安全企画オフィスを立ち上げ、企業・団体の要請に対応し、
        交通安全普及のため各地で講習会を開催
========================================================================= タグ: 交通安全企画オフィス :
[ 2010/06/22 09:38 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。