FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安全運転のポイント  23年2月2日

安全講習Ⅰ
1 自家用乗用車の維持管理
  日本の自動車メーカーが生産している乗用車は、故障しないという事では、世界一である。これに異論を挙げる人はいないと思います。(あくまでも個人の感想ですが)
 ここでは、国産の自家用乗用車(年間走行1万キロ以下)を前提に維持管理について「この程度でいいんじゃないの」レベルで話します。
 (1) 法定点検(道路運送車両法)厳守です。
   定期点検(いわゆる車検)36か月・24か月
   定期点検 12か月
 (2) 自主点検 6か月点検 プロに依頼すべきです。
   整備内容は、・ブレーキフルード確認 ・エンジンオイル確認又は交換 ・LLC確認 ・ウォッシャー液確認 
その他エンジン部分の確認 走行装置関係(タイヤ・ホイル・ブレーキ関係)の確認                          
 (3) 日常点検は目視等で、タイヤの状態・ブレーキの状態に注意を向けてることが必要です。
 (4) ラジエター水(LLC)について、蛇足です。サブタンクの水位を確認すると指示してありますが、この水位は、ラヂエターの水位ではありません。サブタンクの中の冷却水は循環してません。ラヂエターと連結するのは、一定の条件の時だけです。しかも一方通行です。
 (5) その他 世界一故障の少ない日本の車ですが、それでも長いスパンで考えたとき、車は消耗品の塊です。使用する者は、それなりの知識と責任を持って安全に運行することが大事なことと思います。
この項終わり      
[ 2011/02/02 11:16 ] 講習内容 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koutuuanzenkikaku.blog133.fc2.com/tb.php/42-750a893b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。